エラボトックス

エラボトックスとは

顔が大きいのは骨格のせいと諦めていませんか? 実は、「顔が大きい」「エラ張り顔」といった悩みに大きく影響しているのが、顔のエラの部分にある咬筋(こうきん)という筋肉です。この筋肉が発達していると、顔が大きく見えて、エラが張っている印象を与えます。
咬筋はモノを咬むときに使う筋肉です。硬いものをよく食べる、歯を食いしばる癖がある、寝ている時の歯ぎしりなど、普段の生活で咬筋を無意識に鍛えてしまい、エラが大きく盛り上がってしまっている人が、思いの外多いのです。
エラの咬筋にボトックスを注射すると、咬筋が弛くなり、働きが弱まります。筋肉は動かないとだんだん萎縮していきますので、盛り上がった咬筋が小さくなり、エラ張りも目立たなくなります。もちろん、咬筋が委縮しても、モノが咬めなくなることはありません。

施術時間は約5分程度です。気軽に受けられる「プチ整形」とも言えますが、エラボトックスは筋肉に注入する治療方法です。そのため、筋肉の位置や仕組みを熟知していなければ、高い効果は望めません。個人に合わせた最適な位置・量の注入をご提案します。

小顔効果が出るまで

エラボトックスは咬筋の動きを止めることで筋肉を故意に萎縮させ、小顔効果を出す治療方法です。ボトックスを注射すると2、3日~1週間で咬筋の動きが鈍くなり、硬いモノが咬みにくくなります(しばらくすると違和感もなくなり、普通に咬めるようになります)。
咬筋は動かなくなると少しずつ萎縮していきますので、1カ月~1カ月半くらいで、少しずつ小顔になっていくのが実感できます。注射前後で一気に効果が出るわけではないため、ご自身では「ちょっとフェイスラインがスッキリした」くらいの感覚のようです。
しかし施術前後の写真を比べるとその効果は一目瞭然で、久しぶりに会った人から「やせたね!」と言われたという方も多いです。エラボトックスはゆっくりと変化していくため、周りに気づかれず、自然に、かつ高い効果を出すことが可能です。

小顔効果の持続期間

咬筋は半年~1年でだんだんと元に戻ろうとします。咬む筋肉は、咬筋のほかに側頭筋や翼突筋などがあり、咬む動作をそれらの筋肉が補助してくれるため、完全に後戻りすることはありません。
しかし、施術から半年~1年後に残る小顔効果は2〜3割、多くても半分程度でしょう。なかには効果が半分以上残る方もいらっしゃいますが、歯ぎしりや食いしばり癖がある方の場合は、ほとんど元に戻ってしまうこともあります。

小顔効果を持続させるには

エラボトックスは、その人の咬筋の筋肉量に合わせてしっかりと注射すれば一度の施術でも高い効果が期待できます。しかし、上記のとおり、半年~1年程度で戻るというデメリットもあります。
ただ、完全には戻らないことが多いため、半年~1年ごとに5〜6回のエラボトックスの注射を繰り返せば、フェイスラインが少しずつ小さくなり、筋肉が萎縮した状態を保ちやすくなり小顔が固定されて、その効果も長持ちします。

こんな悩みがある方におすすめ

くいしばる癖がありエラが疲れやすい、顎(がく)関節症

エラボトックスは小顔にしたい方だけでなく、くいしばる癖があって、朝起きたときにエラが疲れている方や、顎関節症の方にも効果があります。咬筋を萎縮させ働きを弱めてくいしばりを抑制しますので、「エラの疲れがとれた」「顎関節症が改善して楽になった」と喜ぶ患者様も少なくありません。

骨格によるエラ張りでも諦めないで!

エラの骨の部分は「下顎角(かがくかく)」と言われています。下顎角が発達している方は、咬筋もかなり発達している傾向が多いです。発達した下顎角に、さらに厚い咬筋が乗っているため、エラ張りがさらに強調されているのです。
エラ削りなど骨を削る手術は抵抗がある方も多いと思いますが、ボトックスを注射するだけで、エラの張りが滑らかになり、正面から見た印象はずいぶんと変わってきます。まずはしっかりと有効なエラボトックスで治療してから、様子を見ることをおすすめします。

Tel.0282-22-4641web予約
一番上に戻る
  • 求人情報
  • ブログ