診療案内

目が赤い・かゆい

目が赤い状態は、充血によって起こります。白目の部分やまぶたの裏にある毛細血管が拡張し、大量の血液が流れて充血が起こります。充血の代表的な原因は細菌やウイルスの感染から起こる結膜炎です。感染によって目の血管や神経が刺激され、毛細血管が拡張して充血します。
目のかゆみは花粉症やアレルギー性結膜炎によって起こることが多く、他に細菌やウイルス感染によるものもよくあります。
充血やかゆみがある時にこすってしまうと眼球を傷付ける可能性がありますので、できるだけ触らずに眼科を受診してください。

目が痛い

目の痛みという症状を起こす疾患はかなり多いのですが、目の痛みが起きている場所、動くと痛むなどの状況、見えにくさの有無などにより疑われる疾患はかなり変わってきます。
表面がゴロゴロして痛い場合には、眼球表面の結膜や角膜が刺激を受ける睫毛乱生、睫毛内反、ドライアイ、点状表層角膜症、結膜弛緩症などが考えられます。また、細菌やウイルスによる角膜炎という深刻な眼疾患の可能性もあるので注意が必要です。
目の奥や眼球自体に痛みがある場合は、緑内障、ぶどう膜炎、強膜炎、外眼筋炎、視神経炎、視神経周囲炎など深刻な眼疾患の可能性があるため、できるだけ早めに眼科専門医を受診してください。また、副鼻腔炎や片頭痛といった眼疾患ではない病気に原因があることも考えられます。
眼の痛みは他にも眼精疲労や紫外線による刺激でも起こりますし、三叉神経痛などの可能性もあります。また頻度の低い眼科疾患もいくつかありますので、しっかり原因を調べることが重要です。

目が乾く

目が乾くドライアイは、一般的にもかなり知られてきた眼の疾患です。現代の生活はエアコンの使用による空気の乾燥、パソコンやスマートフォンの超時間使用によるまばたきの減少、そしてコンタクトレンズ装用など目が乾きやすい環境になっています。ドライアイは涙の量の不足だけでなく、涙の質が変化して乾きやすくなって起こる場合もありますし、シェーグレン症候群やマイボーム腺の機能異常症といった眼疾患が関わっている場合もあります。
ドライアイになると感染リスクが上がるなど他の眼疾患を起こしやすくなりますし、また加齢やストレスで悪化する可能性があり、重症化した際には涙点プラグなどによる治療も必要になってきます。専門医の診察を受け、症状や状態にあった適切な治療を受けてください。

目が疲れる

しょぼしょぼして目が疲れる症状は、眼精疲労をはじめとするさまざまな原因によって起こります。眼鏡などの度が合っていないことで起こることもよくありますし、白内障 緑内障、麦粒腫、翼状片、マイボーム腺機能異常症 アレルギー性結膜炎、斜視といった眼科疾患が関わっている場合もあります。ストレスや自律神経失調症、不眠症、更年期障害などの可能性もあり、まずは検査を受けてどのような原因によって起こっているかを調べ、適した治療を受けましょう。

目やにがでる

目やには「眼脂」とも呼ばれ、生理的な分泌物(老廃物)です。眼が細菌やウイルスに感染すると、目やにの量は多くなります。目やにのタイプによって、以下のように原因も異なります。

白くて粘り気のある目やに…ウイルス性結膜炎
黄緑色でどろっとした感じの目やに…細菌性結膜炎
涙のようにさらさらした目やに…花粉症・アレルギー

見えにくい・かすむ

視界がかすむことだけでなく、ぼやけて見える、ピントがなかなか合わない、くもって見える、視力が低下したなども目のかすみに含まれます。一時的にかすみ目が起きてしばらくすると治る場合もあります。原因には、視力の変化とそれによって眼鏡などの度が合わなくなっていることや加齢などによる調整機能異常、マイボーム腺機能異常症やアレルギー性結膜炎と比較的改善しやすいものもありますが、白内障や緑内障、眼底出血、黄斑前膜加齢黄斑変性症、糖尿病網膜症といった早急に適切な治療を受ける必要がある深刻な眼疾患の可能性もあります。なお、急激に視界がかすんだ場合には、特に早急な治療が重要ですので、すみやかに受診してください。

視野が欠ける

視界の真ん中が欠けて見えない場合、網膜の中央にある黄斑部に障害が起きていると考えられます。網膜はとても薄い膜であり、ものを見る際に中心になる部分である黄斑部は特に薄く、穴が開く・出血を起こすといった症状を起こしやすくなっています。黄斑円孔、加齢黄斑変性症、眼底出血、視神経炎、網膜硝子体牽引症候群、中心性漿液性網脈絡膜症などの他、糖尿病の合併症である糖尿病網膜症の可能性があり、いずれにしても早めの処置が必要ですので、眼科専門医にできるだけ早く診てもらってください。

黒くて細かい点のようなもの、透明な糸くずのようなものなど、見え方はいろいろありますが、飛蚊症と呼ばれている症状です。飛蚊症には特に治療の必要がないものもありますが、目や頭をぶつけるなどで衝撃を受けてから症状が現れた場合や、近視が強い方、50歳以上の方は注意が必要です。問題のないものは、生理的飛蚊症と飛ばれるもので、眼球の硝子体にある繊維状のコラーゲンが網膜に投影されています。治療が必要なのは、部硝子体剥離、網膜剥離、網膜剥離裂孔、硝子体出血、ぶどう膜炎などによるものです。

Tel.0282-22-4641web予約
一番上に戻る
  • 求人情報
  • ブログ