ワキ汗治療

ワキ汗について

ワキ汗に悩んでいる方はたくさんいらっしゃいますが、病院への受診率がとても低いのが現状です。ワキの下はもともと汗腺が密集しているうえに、緊張やストレスといった精神的刺激や、気候や運動による刺激の両方で発汗が促されるため、汗を多くかきやすい部位です。清潔にする、こまめに拭く、制汗剤を使うといった日頃のケアで解決しない場合は、一度受診をおすすめします。

多汗症とは

多汗症とは、汗が異常に多く出る症状のことを言います。多汗症は、手のひらや足の裏、ワキの下(腋窩)、額など、汗腺が密集している部位に、症状がよく現れます。汗は、人の体温調節に欠かせない大切な要素ですが、多汗症の場合、暑くはないのに大量の汗が出たり、運動しなくても異常なほど汗をかいたりします。日本人の2~5%が多汗症にかかっていると言われ、幼少時に発症するケースも少なくありません。

原発性多汗症

手のひらや足の裏に、精神的緊張から大量の発汗が見られます。幼児期〜思春期に発症し、発汗を促す交感神経が人よりも興奮しやすいのではないかとも言われていますが、まだはっきりした原因はわかっていません。

続発性多汗症

原因がはっきりしている多汗症で、何歳であっても発症する可能性があります。例えば感染症、甲状腺機能亢進症などの内分泌疾患などの病気が挙げられます。まずは発症の原因となっている病気の治療から始めます。

腋窩(えきか)多汗症とワキガについて

ワキの下にはエクリン腺とアポクリン腺と呼ばれる2種類の汗腺がありますが、多汗症に関わっているのはエクリン腺、ワキガに関っているのがアポクリン腺です。ワキガは医学的に「腋臭症(えきしゅうしょう)」とも呼ばれ、腋窩(えきか)多汗症とは根本から異なり、その治療法も違います。ただし、ワキの多汗症とワキガの合併症はしばしば見られます。

ボトックスによるワキ汗治療

「多汗症」は、汗が異常に多く出てしまう症状です。ボツリヌス療法は、ボツリヌス菌がつくる天然のタンパク質をワキの下に注射する治療方法です。汗を出す信号を阻止し、過剰な発汗を抑制します。効果は、通常2~3日であらわれ、約4~9カ月間持続します。
※効果の程度や持続期間には個人差があります。完治を目指す治療法ではないので、症状が再発したときは、あらためて治療を実施します。

保険適応の治療です

ひどいワキ汗でQOL(生活の質)が低下してしまうのを防ぐため、ボトックス注射が保険適応治療となりました。しかし、適応は「特別な原因が無いのに日常生活に支障が生じるほど多くのワキ汗が出る病気」、つまり「原発性腋窩多汗症」と診断された場合に限られます。目安としては、日頃から、ワキの下に必要以上の発汗が生じ、ワキから腕へ汗が垂れたり、服の両ワキにシミができたりするほどの汗をかいている状態かどうかです。

こんな悩みがある方におすすめ

  • 汗をかきやすい
  • ワキの下に汗ジミができる
  • ワキの臭いが気になる
  • 体臭が気になる
  • ワキの臭いを、周りから指摘される
  • ワキの汗ジミが黄色い
Tel.0282-22-4641web予約
一番上に戻る
  • 求人情報
  • ブログ