オルソケラトロジー

オルソケラトロジーとは

眠っている間に視力矯正できる、オルソケラトロジー

オルソケラトロジーとは特殊なコンタクトレンズを眠る時に装着して角膜の形状を変化させ、それによって裸眼視力を改善する最新の治療法です。
目覚めた時の視力は一定時間維持できるため、日中は裸眼で過ごすことができ、眼鏡やコンタクトレンズが必要なくなります。
オルソケラトロジーは、若年層に特に効果的だと言われていますが、これは角膜が大人に比べて軟らかく、形状がより変化させやすいからです。
「レーシック」と違い手術の必要がないことも大きな特徴となっており、眠る際のコンタクト装用を中止することで元の状態に戻りますので、安心できます。

治療の仕組み

レンズ装着前

レンズ装着前近視では光が網膜より手前で焦点を結ぶため、像がぼやけて見えます。

就寝中

就寝中特殊なカーブのレンズを装着します。このカーブが角膜前面の形状を矯正し、光の焦点を網膜上に結ぶようにします。

日中

日中目覚めてからレンズを外しても、角膜形状は一定時間維持されますので、昼間の裸眼視力が改善します。

こんな方におすすめです

若年層の方

眼が成長段階にある子どもの近視進行に関して、抑制効果があると報告されています。抑制効果が期待できる治療ですから、近視が進行しやすい成長期に向いています。

眼鏡を使用したくない方

職業上メガネの使用が難しい場合や制限がある方に適しています。

軽度の花粉症

日中は裸眼で過ごせますので、自由に点眼可能です。

アスリート

裸眼で余計な負担なくなるため、スポーツで全力を発揮できます。水中のスポーツをされる方にも向いています。

レーシック等の外科的手術に抵抗がある方

手術にはリスクがありますが、オルソケラトロジーは手術リスクなしで同じ日中の裸眼を実現できます。

メリットとデメリット

メリット

  • 手術が不要で、すぐに治療を開始できます。
  • 子どもの近視進行抑制効果が期待できます。
  • 装用は就寝時のみですから、日中は裸眼で過ごせます。
  • レンズ装用中止で、角膜の状態は元に戻ります。

デメリット

  • 夜間のコンタクトレンズ装用が必須となります。
  • 個人差がありますが、視力が安定するまで見え方が一定期間変動する可能性があります。
  • 人により、夜間のまぶしさや光のにじみが見える場合があります。
  • 2~3年おきにコンタクトレンズを買い替える必要があります。

費用について

トライアルレンズ貸し出し 3万円
レンズ代 12万円
合計 15万円

オルソケラトロジー診療予約をとり来院した場合はその時点が初診となり、初診は自費診療となります。
トライアルレンズ貸し出し料金が3万円(こちらはレンズをなくしてしまった場合や破損した場合の保証金となります。途中で治療をやめる場合はこちらの3万円はご返金)となります。
翌日~1週目までの診察・検査は自費診療となります。トライアル(実際にオルソケラトロジーレンズを装用してもらうお試し期間)を行い問題ない場合、続けたいと希望される場合は、正規レンズ代として12万円レンズ代、保存液代、洗浄液代、保存ケース代などを含む)をお支払いいただきます。

受診スケジュール

初診

診察・適応検査後、トライアルレンズの貸し出しとなります。

トライアル翌日

問題なし

1週間後に再来院となります。

装用感に問題あり、痛みあり

レンズの使用を中止します。

1週目(トライアル期間)

問題なし

これまでの検査結果をもとにオーダーメイドの正規レンズを注文します。

視力改善効果が不十分、装用感問題あり、痛みあり

レンズの使用を中止、またはもう1週間トライアルを継続していただきます。

2週目(トライアル期間)

問題なし

これまでの検査結果をもとにオーダーメイドの正規レンズを注文します。

視力改善不十分、痛みありなど

レンズの使用を中止します。

正規レンズ受け取り

正規レンズを受け取り、治療を開始します。受け取りの際はご来院いただきます。

開始1ヶ月目

診察、検査を行います。

開始3ヶ月目

診察、検査を行います。

定期検査

それ以降は3ヶ月ごとに診察・検査を行います。

 

Tel.0282-22-4641web予約
一番上に戻る

  • 求人情報
  • ブログ