硝子体手術

硝子体手術とは

硝子体手術とは主に網膜や網膜の中央にある黄斑部の病気治療のための手術です。
硝子体は、眼球内を満たして形状を保つ役割を果たすゼリー状で透明な組織です。硝子体は透明度が落ちると視力に影響しますし、また網膜を引っ張って剥がすことがあり、そうした際に硝子体手術で治療する必要が生じます。また、網膜に異常な増殖膜ができた場合にも、硝子体手術が行われます。

手術の方法

手術の方法眼の下の部分に局所麻酔を注射してから手術を行います。
白目の部分に極小の穴を3つ開けます。これは、眼球の形を保つための潅流液を流すためのもの、眼内の中を照らす照明を入れるもの、硝子体を切除するカッターを挿入するものの3つです。
次に、眼内の硝子体を、濁りや出血と共に切除します。その後、症状に合わせて網膜上に張ってしまった膜をめくる、増殖膜の切除、網膜へのレーザーを照射などの処置を行います。その後、硝子体の代わりとなる潅流液を流し込みます。
網膜剥離や黄斑円孔の治療目的の手術では、潅流液をガスに置き換える必要があります。ガスを注入したら、術後の数日間はうつぶせの態勢をできるだけ保つ必要があります。
手術時間は疾患により異なり、早ければ1時間、重症例では2~3時間が目安となります。
潅流液をガスに置き換えた場合は、手術後の数日間、体位制限が必要になります。その際、就寝時だけでなく、日中も体位を保つように心がけます。うつぶせ、側臥位、ヘッドアップなどの体位は手術の内容により異なります。体位制限がある場合、体位がとりやすい枕や胸当てなどをお貸ししています。

  • 手術の方法
  • 手術の方法
  • 手術の方法

ご注意

医療用ガスを注入した場合、ガスの浮力により網膜を眼底に押しつけて定着させる必要があります。そのため、手術後の1週間程度、できるだけうつぶせなどの姿勢を保つ必要があります。

当院の特徴

日帰り手術で負担の軽減

日帰り手術で負担の軽減当院では、大学病院施設同等の手術環境が整っております。硝子体手術は、元来1~2週間ほど入院が必要でしたが、現在は手術方法と医療機器の進歩に伴い、傷口が小さくなったことで、手術の侵襲や術後の炎症のリスクが抑えられ、安全に日帰り手術が可能になりました。※術後のうつむき姿勢が必要な場合やお一人暮らしなどご家族と同居されていない場合には、安全を考慮して入院できる医療機関をご紹介しています。

実績豊富な院長が執刀

硝子体手術は、眼科において最も難しい手術と言われております。つまりは、医師の技量に左右されます。当院の院長は、硝子体手術が専門分野で、これまでに大学病院で多くの手術経験を積み、症例数は400件以上あります。不安なことがありましたら、一度ご相談ください。

白内障と硝子体の同時手術が可能

加齢によって起こった網膜・黄斑疾患の場合、白内障を併発しているケースが多いため、当院では同時手術を行っています。別日に予定を組む必要がないため、スケジュール調整がしやすく、お気持ちの負担も軽減できます。

硝子体手術を必要とする主な病気

  • 網膜剥離
  • 糖尿病網膜症
  • 黄斑前膜(黄斑上膜
  • 黄斑円孔
  • 黄斑浮腫
  • 硝子体出血

手術後の注意点

病気や状態などにより特別な注意点が出てくる場合もありますが、硝子体手術全体に共通する注意点か下記の通りです。

目に触れないでください

出血するリスクを避けるため、手術後は目をこすったり、押さえたりしないでください。

点眼薬を医師の指示通りに使用してください

手術後には点眼薬が処方されます。これは手術後に合併する可能性のある重篤な炎症や感染症を予防するためのものですから、医師の指示を守り、しっかりと点眼してください。なお、手術後の点眼は一般的に約3ヶ月続ける必要があります。

目への水分に注意

重篤な感染症にかかるリスクが高いのは、手術後3日間程度ですから、この期間には点眼薬以外の水分が目に入らないようご注意ください。
洗顔:固く絞ったタオルで軽く拭く程度
シャワー:首から下のみ
汗:額から目の方に流れることがないようガード

眼球内に医療用ガスを注入した場合

ガスの浮力によって網膜を眼底に押しつけて定着させますので、手術後は1週間程度、できるだけうつぶせなどの姿勢で過ごす必要があります。楽にそうした姿勢を取れるようにするアドバイスなどもきめ細かく行っていますので、医師にご相談ください。

硝子体手術の合併症

硝子体手術が手術である以上、合併症をゼロにすることはできません。手術後に目の異常を感じたらすぐに手術を受けた医療機関を受診してください。

硝子体出血などの眼球内の出血

頻度はとてもまれですが、手術中に眼球内の動脈から急激かつ大量の出血が生じる可能性があります。こうした駆逐性出血は、発生すると視力が著しく低下し、失明に至ることもゼロではありません。
手術後に硝子体出血が生じる場合もあり、これは糖尿病網膜症の手術後に多く見られます。手術後の出血はほとんどの場合、2週間程度で治まります。ただし、出血の量によっては再手術が必要になる場合もあります。

網膜裂孔・網膜剥離

手術中、硝子体を取り除く際に網膜裂孔が生じる可能性があります。これを放置して網膜剥離を起こした場合には、再手術が必要です。
また、手術後に異常な増殖膜が形成される場合があり、その増殖膜が網膜を引っ張って網膜剥離が生じる症状が起こる場合があります。これは増殖性硝子体網膜症というもので、再手術が必要です。

眼圧の上昇(緑内障)

手術後、眼圧が上昇することがあり、そのほとんどは一時的なものですが、眼圧が高い状態が長期にわたって続くケースもまれに起こります。この場合には視野欠損が現れる緑内障を発症する可能性があります。
他に、糖尿病網膜症の手術後には、新生血管が生じて眼球前方の虹彩(こうさい)周辺にまで伸び、それによって眼圧が上昇することがあります。これは血管新生緑内障と呼ばれ、通常の緑内障よりも治療が難しくなっています。

角膜上皮障害

角膜の表層部分である上皮は、糖尿病があるともろく傷付きやすい状態になっている傾向があります。そのため、糖尿病網膜症の手術でその角膜上皮が傷付いたことをきっかけに上皮の欠損がしだいに悪化して、角膜上皮障害を発症する可能性があります。

白内障

硝子体手術後は、水晶体に濁りが生じる白内障の発症リスクが上昇します。そのため、白内障の症状がない場合でも、予防として硝子体手術と同時に水晶体を人工レンズに替える白内障手術を行うケースもあります。

充血・異物感

手術により、目の表面には傷が残ります。しばらくすると傷は目立たなくなりますが、充血のしやすさやゴロゴロとした異物感が残る可能性があります。

感染症

感染症対策は万全に行っていても、生活空間は無菌状態ではないため、かなり頻度が低いとはいえ手術後に病原体が目に入り込んで繁殖し、感染症を引き起こす可能性はあります。手術後の合併症の中でも重篤度が高く、放置すると失明に至ることもあるので、感染がわかったら再手術も含めた早急な治療が必要です。

手術費用

硝子体手術は健康保険の適応となります。

1割負担 2割負担 3割負担
硝子体手術 4~5万円 8~9万円 12~13万円
硝子体手術+白内障手術 5~6万円 10~11万円 15~16万円
Tel.0282-22-4641web予約
一番上に戻る

  • 求人情報
  • ブログ